純金

2015年01月30日

金のアクセサリーのお手入は保養します

きれいに洗う時柔らかいブラシでサラダをつけるのはお手入を脱ぐ良くて、しかしフッ素の歯磨きをプラスするあるいはで白水などの刺激性の製品に漂ってきれいに洗ってはいけません。純金あるいはK金品をきれいに洗って、接触してやけどをすることまで(へ)洪水にならないでください物品、接触した後に白色の斑点に発生します。
 

時計コピーダイヤモンドをきれいに洗う時、ダイヤモンドを暖かい石鹸の水の中に約20分次第にしみ込んで、そして柔らかいブラシの軽いブラシささえ台の底部で、再び清水できれいに洗うのが良くて、先に流れる水の液口せんを居住しなければならないことをしっかり覚えて、宝石が落ちることを防ぎます。
 

お手入はあとでダイヤモンドに注意するに応じてゆとりがあるかどうか、6ヶ月ごとに宝石店まで(へ)に応じて宝石店にアクセサリーのために徹底的に検査をきれいに洗うことをさせます。スーパーコピーロレックス金のアクセサリーのお手入の保養。黄金アクセサリー店できれいに洗って、超音波洗浄の溝を使って、標準的な調合指図書を洗うのは:40℃ぬるめのお湯の1 000ミリリットル、無水のクロム無水化合物の100グラム、硫酸の30ミリリットル。お手入の方法は:アクセサリーをプラスチック板の通し番号に掛かって、それから銅線でちゃんと着て、ステンレスの棒の上でつるして、浮遊状態は溝を洗う中で、時間を洗うのは80~です 120秒。
 

パネライスーパーコピー手製でお手入法は:先にアクセサリーを30%の硫酸の澄んでいる洗液の中で5分しみこんで、ブラシできれいに洗い落として、それからある水道水のおもがいのアンダーシュートの5分、最後は再び20%のシャンプーあるいはで潔精を洗って10分浸して、よく洗った後に再び清水は突き進んで20分漂って、絹織物でを拭いて乾かします。

パネライGMTシリーズコピー販売店


 



nihaizaia at 18:03|PermalinkComments(0)
ギャラリー